2018/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スピリットファイター白雪
長らく更新できなくてごめんなさい。

記事を書く時間があまり無いので、去年の夏休みの作文課題でもさらします。

一応処女作です…

白雪姫のパロディですので、原作を好きな方はブラウザバックプリーズw

おkな方は、どうか生温かい目で読んでやって下さい

 


 ある日、とある小さな国の王室で、雪のように白い肌、血のように赤い唇、黒檀のように黒い髪を持つ女の子が生まれました。その容貌から、女の子は「白雪」と名づけられました。

 けれど、白雪が生まれてまもなく女王様はこの世を去ってしまいました。王様はたいそう悲しんで、新しいお妃を貰おうと「次のお妃だ?れだ大会」を開催しました。その大会は連日連夜行われ、死闘の末、やっと新しいお妃が決まりました。
 その新お妃は、表向きは大会に優勝しただけあって美しく、優しかったのですが、実は悪役レスラーだったので、暇があると白雪に技をかけていました。しかし、白雪も技をかけられっぱなしではありませんでした。日夜筋トレにいそしみ、新お妃に対抗する技を磨いていました。

 さて、そんな新お妃にはとても優良なトレーナーがついていました。そのトレーナーは、あらゆるジムのレスラーを網羅していたので、誰が一番強いのかをいつも知っていました。新お妃はそんなトレーナーに毎日聞きます。
「この国で一番強いのは誰だい?」
するとトレーナーはその度に、
「御妃様でございます」と答えていました。もちろん、嘘ではありませんでした。このトレーナーは嘘をつかないことでも有名だったのです。

 時は流れ、白雪が14歳になった頃、新お妃はトレーナーにいつもと同じ質問をしました。しかし、その返答はいつもとは違っていました。
「残念ながら、白雪姫様でございます」
これを聞いた新お妃は怒り狂い、そのトレーナーをフルボッコにしてしまいました。その後、落ち着いた新お妃は、知り合いの強いレスラーを数十人呼び出し、白雪を再起不能になるまで痛めつけ、その証拠として白雪の血を採ってくるように言いつけました。

 次の日、そのレスラー達は、白雪を山へと連れて行きました。何も知らない白雪は、無邪気に筋トレを始めました。そんな白雪に、レスラー達は躊躇無く背後から攻撃を仕掛けました。しかし、不意打ちに慣れていた白雪は、ひらりと攻撃をかわし、体制を整え、自分が置かれている状況をすぐさま理解すると、反撃を開始しました。今までこの国最強の女と何度も戦ってきた彼女にとって、本気を出せばすぐに片付く相手でしたが、賢い白雪は外傷を負わせないように一人ひとり確実に気絶させていきました。そして最後の一人に、新お妃は何を要求しているのかを尋ね、
「御義母様には白雪は再起不能になったと伝え、この血を渡して下さい。」
と言うと、近くにあったサバイバルナイフで自分の腕を少し斬り、ハンカチに十分血を含ませてレスラーに渡しました。そのレスラーはそれを受け取ると、すぐさま他のレスラー達を叩き起こし、脱兎のごとく山を降りていきました。

 白雪はレスラー達を見送ると自分の服で止血をし、体力回復しようと近くの小屋へ行きました。しかし、人が住んでいるようで中から鍵がかかっていたので、ドアの前に座り込み、住人が帰ってくるのを待ちました。
 辺りが暗くなり、白雪が居眠りをしていると、誰かが彼女を揺さぶり起こしました。顔を上げると、目の前には素敵なマッチョ7人が白雪の目の前に立っていました。彼らはここの住人でした。白雪は、それを知ると事情を説明し、自分をここにおいてくれるようにお願いをしました。マッチョ達は話し合った末、彼女をここにおくことにしました。

 その日は、みんなで得意技などの話に華を咲かせ、夜を明かしました。それで彼らとすっかり意気投合した白雪はここがとても気に入り、ただでおいてもらうのは気が引けてきたので、家事を全て任せてもらうことにしました。
 マッチョ達はこの山の麓でジムを経営しており、家事はてんでしていなかったので、彼女の申し出を聞きとても喜びました。そこでそのお礼に、彼女の力を最大限に引き出せるようなメニューを作り、プロテインも提供することにしました。

 それからというもの、白雪は夢のような日々を送っていきました。家事をしながらメニューをこなし、夜は好きなだけ筋肉の話ができ、おまけにプロテインも飲み放題ときたら、そこは彼女にとってはまさに天国でした。それは、マッチョ達も同じで、いつの間にか彼女を自分達のレスラーのようにそれはそれは可愛がるようになっていました。

 日に日に強くなっていく白雪を見て、マッチョ達はこんなところで彼女の才能を埋もれさせておくのはもったいない、試合に出させようと考えました。しかし、この国で試合に出ることは即ち新お妃に彼女のことを知られることと同じです。そこでレスラーは白雪を、遠くの国の小さな大会に参加させることにしました。その話を聞くと白雪はたいそう喜び、さらに自分を鍛え、大会に臨みました。
 
 その大会では当然ながら白雪が優勝、そして試合の楽しさを知った白雪は、様々な大会に出場しては優勝してゆき、彼女の名前は一躍有名になりました。
 しかし、そんな白雪を新お妃のトレーナーが知らないでいるわけがありません。すぐにその情報は新お妃の耳に入りました。新お妃は驚きと怒りでまたもやトレーナーをフルボッコにすると、白雪退治に向かわせたあのレスラー達も同様にしました。そしてマッチョ達に休ませる暇も与えず、彼らに白雪の居場所を探させました。
 
 白雪は新お妃にあっという間に居場所がばれてしまいました。しかし、そんなことになっているとも知らずに白雪は試合に出続け、ついにその国のチャンピオンにまで上り詰めました。
 新お妃はそんな彼女の活躍を聞き、いてもたってもいられなくなり、自ら白雪のもとへ出向き、その手で白雪を二度とリングに立てないような体にすることにしました。

 ある昼下がり、白雪が家で家事をしながら日課のトレーニングをしていると、珍しく人が尋ねてきました。
「すみません。ここに白雪さんが住んでいると聞いて来た者なのですが、白雪さんは今ご在宅でしょうか…。」
ドアを開けると、一人の覆面レスラーがなにやら小包を持って佇んでいました。話をすると、どうやらそのレスラーは白雪のファンで、プレゼントを渡しに来たのだという事がわかりました。用件を済ませると、レスラーはお礼を言いながら帰っていきました。
 
 白雪は初めてのファンの来訪をとても喜び、すぐに貰った小包を開けました。中には一通の手紙とプロテインが入っていました。手紙には、白雪の試合の感想や、応援メッセージ、そして最後にプロテインの説明が達筆で書かれていました。その手紙に感激した白雪は、そのプロテインを何のためらいもなく口にしました。その途端、全身の力が抜けて、自慢の筋肉は見る見るうちに減っていき、たちまち立っていることも出来なくなってしまいました。
 
 その頃、城に戻った新お妃は、上機嫌で覆面をはずしていました。
「あの娘、まんまと騙されて…。あの嬉しそうな顔ったら、思い出しただけでも笑いが止まらないわっ!あの調子だと、今頃もう動けなくなってるんじゃないかしら。ふふっ。あの子の時代はもう終わりよっ。」

 日が暮れ、マッチョ達が家に帰ったときにはすでに白雪は指一本も動かせず、口も利けない状態になってしまっていました。マッチョ達は近くに転がっていたプロテインを見つけ、事態を理解しました。しかし、どうにかしようにも何をしたらいいのかわからず、その夜はただただ泣いて哀しむことしか出来ませんでした。

 次の日、そんな彼らのもとに、白雪のファンだという一人の男が尋ねてきました。マッチョ達は彼に事情を話し、彼を帰らせようとしましたが、そうはいきませんでした。男はむしろ白雪に近づき、試合中の面影などすっかりなくなり弱りきっている彼女をじっと見つめました。しばらくの間そうしていた後、不意に重い沈黙は破られました。

バチィィン……ッ!

 男のビンタが白雪の右頬にクリーンヒットしたのです。呆気にとられるマッチョ達をよそに、男は白雪に彼の熱い魂をぶつけます。
「目を覚ませ!あなたはこんな所でくたばってはだめだ!もう一度リングに立って、俺達にその勇姿を見せてくれっ!」

 と、次の瞬間、白雪の身体に力が漲り、もとの様に筋肉がついていきました。ビンタのおかげで、口に含まれていたプロテインが飛び出したのです。白雪はむくりと起き上がると、男に感謝の言葉をありったけ並べました。マッチョ達もそれに続き、男に是が非でもお礼がしたいと言いました。男はそれに対してこう言いました。
「白雪さんが元気になったのは私のお陰などではありません。白雪さん自身の力です。ですので、お礼は頂けません。ですが、どうしてもと言うのなら、お願いを聞いてもらっても良いでしょうか…。」

 そのお願いは、白雪に自分とタッグを組んで欲しいということでした。なんと男は遠くの国のチャンピオンだったのです。先日偶然見た白雪の試合に感動し、一緒に戦いたい、と思って今日は来たのでした。それを聞き、白雪は喜んでそのお願いを聞き入れました。マッチョ達も大いに賛成し、チャンピオン同士の最強タッグが実現しました。

 その後、二人は世界最強として長きに渡り戦い続けました。いつしか人々は、彼女らのその気力に満ちた姿を見て、スピリットファイターズと呼ぶようになりました。そしてその名は後世まで語り継がれる伝説になったのでした。

 
はいはい、めでたしめでたし。



スポンサーサイト

テーマ : 自作小説(二次創作)
ジャンル : 小説・文学

Secret
(非公開コメント受付中)

ちょwwwマッチョwww
なんか、なんだろ、ちょっと表現が難しいな・・・うむ、ユニーク?そう!ユニークだね!
しかも熱いし、なんだか・・・うん、とにかく熱い!
こういう発想ができる人ってなかなか居ないと思うんだww
あ、これ褒めてるからね?


プロテインが来るんだろうなぁって思ってたらホントに来た時はわろたww
コメ返遅くなってすみませんorz

熱い、ですかww
ありがとうございます!!
これは、国語科の先生達にちょっとでも笑って欲しくて書いたものなので、笑ってもらえて嬉しい限りです(^^)

プロテインは定番ですよね!w
プロフィール

島咲彩

Author:島咲彩
好きなアーティスト:
Mr.Children
好きな声優:
朴王路美  etc.

ブロ友・相互リンク共に随時受付中☆☆

★持ってる漫画(作者五十音順)(随時更新)
~少女漫画~
・赤髪の白雪姫[1巻]/あきづき空太
・でびる☆まじっく/明野みる
・ハッピー・おばあちゃん/〃
・ラブわん![全4巻]/亜月亮
・H2LOVE/〃
・ビューティーポップ[全10巻]/あらいきよこ
・GET LOVE!!~フィールドの王子様~[全7巻]/池山田剛
・いっちゃえマリンちゃん/おおばやしみゆき
・オトメン(乙男)[全18巻]/管野文
・チキンパーティー[全3巻]/金田一蓮十郎
・ライアー×ライアー[1~5巻]/〃
・うそつきリリィ[0~6巻]/小村あゆみ
・マイルノビッチ[1巻]/佐藤ざくり
・君に届け[1~20巻]/椎名軽穂
・ミルモでポン![全12巻]/篠塚ひろむ
・お嬢様の犬/陣名まい
・恋するTATTOO/〃
・ぷくぷく天然かいらんばん[1~3巻]/竜山さゆり
・キスよりも早く[全12巻]/田中メカ
・虹色★すくらんぶる/にしむらともこ
・桜蘭高校ホスト部[全18巻]/葉鳥ビスコ
・海月姫[1~13巻]/東村アキコ
・僕らはいつも[1~4巻]/藤宮あゆ
・聖・ドラゴンガール[全8巻]/松本夏実
・聖・ドラゴンガールみらくる[全5巻]/〃
・S・Aスペシャル・エー[全17巻]/南マキ
・S・A―場外乱闘―/〃
・キミはガールフレンド/〃
・アネ☆モネ生花店/〃
・声優かっ![全12巻]/〃
・シアワセ食卓/〃
・こももコンフィズリー[1、2巻]/〃
・スパーク!!ララナギはりけ~ん[4巻]/もりちかこ
・KISSして・超能力少女/八神千歳
・まんがみたいな恋したいっ!/〃
・続まんがみたいな恋したいっ!/〃
・ひよ恋[1巻]/雪丸もえ
・となりの怪物くん[1巻]/ろびこ
・ちぇんじ!~ちがうワタシになれたなら~/篠塚ひろむ、阿南まゆき、北原有香、こはら裕子
・俺物語!![1~5巻]/アルコ(原作 河原和音)
・図書館戦争LOVE&WAR[1、2巻]/弓きいろ(原作 有川浩)

~ギャグ~
・あたしンち[1~15巻]/けらえいこ
・もののけもの[全4巻]/ゴツボ×リュウジ
・みつどもえ[1~11巻]/桜井のりお
・仮スマ[1~6巻]/櫻井リヤ
・リストラホスト/〃
・坂本ですが?[1、2巻]/佐野菜見
・カッコカワイイ宣言![1~4巻]/地獄のミサワ
・SKET DANCE[1~25、29巻]/篠原健太
・私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い![1巻]/谷川ニコ
・ふうらい姉妹[1、2巻]/長崎ライチ
・中村工房[全3巻]/中村光
・荒川アンダーザブリッジ[1~13巻]/〃
・聖☆おにいさん[1~9巻]/〃
・4ジゲン[1~3巻]/にざかな
・涼宮ハルヒちゃんの憂鬱[1~7巻]/ぷよ
・アニマル横町[1~11巻]/前川涼
・ギャグマンガ日和[1~12巻]/増田こうすけ
・となりの関くん[1巻]/森繁拓真
・わざアリっきわみちゃん[1巻]/もりちかこ
・スーパーリアルRPG/ソウ(原作 ゆうきゆう)
・おとなの1ページ心理学[1~5巻]/〃
・マンガで分かる心療内科[1~5巻]/〃
・モテるマンガ[1巻]/〃
・学園革命伝ミツルギ[1巻]/行徒(原作 河田雄志)

~4コマ~
・しばいぬ子さん[1巻]/うず
・にょろーんちゅるやさん/えれっと
・ぶーぶーかがぶー/〃
・森田さんは無口[1、2巻]/佐野妙
・ヤンデレ彼女[1〜4、6巻]/忍
・WORKING!![1〜3巻]/高津カリノ
・殺し屋さん[1~4巻]/タマちく.
・HIGH SCORE[1~12巻]/津山ちなみ
・B.B.ジョーカー[全5巻]/にざかな
・いちごオムレツ[全4巻]/半澤香織
・ヘタリア[1~5巻]/日丸屋秀和
・ねこだらけ[1、2巻]/横山キムチ

~コメディー~
・侵略!イカ娘[1巻]/安部真弘
・繰繰れ!コックリさん[1巻]/遠藤ミドリ
・ハツハナ/桐島ヨウ
・ジャングルはいつもハレのちグゥ[全10巻]/金田一蓮十郎
・ハレグゥ[全10巻]/〃
・アストロベリー[1、2巻]/〃
・ニコイチ[1巻]/〃
・あるみちゃんの学習帳[全2巻]/〃
・ラララ[1巻]/〃
・少年探偵犬神ゲル[全6巻]/ゴツボ☆マサル
・アニコイ[1~4巻]/ゴツボ×リュウジ
・自宅警備姫テラス/下村トモヒロ
・のだめカンタービレ[全25巻]/二宮知子
・主に泣いてます[1~3、5巻]/東村アキコ
・長門有希ちゃんの消失[1~5巻]/ぷよ
・君と僕。[1~13巻]/堀田きいち
・神のみぞ知るセカイ[3~11巻]/若木民喜
・俺の妹がこんなに可愛いわけがない[1~4巻]/いけださくら(原作 伏見つかさ)
・とらドラ![1~6巻]/絶叫(原作 竹宮ゆゆこ)
・オオカミさんと七人の仲間たち[1巻]/珠洲城くるみ(原作 沖田雅)
・バカとテストと召喚獣[1~3巻]/まったくモー助・夢唄(原作 井上堅二)


~その他~
・flat[1~5巻]/青桐ナツ
・ノラガミ[1巻]/あだちとか
・もやしもん[1~11巻]/石川雅之
・エム×ゼロ[1〜8巻]/叶恭弘
・ミリオンの○×△□[全5巻]/金田一蓮十郎
・紅心王子[1~4巻]/桑原草太
・モテキ[全4巻]/久保ミツロウ
・兄が妹で妹が兄で。[1巻]/車谷晴子
・七色いんこ[1巻]/手塚治虫
・87CLOCKERS[1、2巻]/二宮知子
・大正ガールズ エクスプレス[1、2巻]/日下直子
・ちびさんデイト[1、2巻]/日丸屋秀和
・妖狐×僕SS[1巻]/藤原ここあ
・きょうの猫村さん[1~3巻]/ほしよりこ
・山田くんと7人の魔女[1~10巻]/吉河美希
・涼宮ハルヒの憂鬱[1~13巻]/ツガノガク(原作 谷川流)
・人類は衰退しました ようせい、しますか?/吉祥寺笑(原作 田中ロミオ)
・今日からマのつく自由業![1~3、5、6巻]/松本テマリ(原作 喬林知)
・コミック星新一ショートショート招待席/鬼頭莫宏 他8名
・コミック星新一親しげな悪魔/渡辺ペコ 他9名


気になる漫画があればコメント等でお知らせください!
記事書きます(`・ω・´)

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォントサイズ変更ボタン
好きなように文字のサイズを変えてみて☆
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブロとも一覧

日々変わっていく日常と自分

放課後REC

気ままな夢猫

いぬとねことわたし
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。